スポンサードリンク

女子一人旅おすすめの交通手段を紹介?それぞれのメリット・デメリットは?

一人旅 交通手段 ひとり旅

旅をするうえで目的地選びはとても重要ですが、それと同じくらい目的地までの交通手段を考えるのもとても重要ですし、移動自体が旅の楽しみの一つでもあります。

目的地までの交通手段としてはいくつかありますが、多くの方が「新幹線」「バス」「飛行機」を利用されているのではないでしょうか。

そこで今回は、旅の移動手段として「新幹線」「バス」「飛行機」を利用したときのそれぞれのメリット・デメリットについて見ていきたいと思います。

ぜひ、旅の交通手段を考えるときの参考になれば幸いです。

ちなみに今回は、首都圏→関西を例に考えてみました。

スポンサーリンク

新幹線

一人旅 交通手段

一番一般的な移動手段ですね。

東京から京都まで新幹線なら2時間ちょっと。

大阪までなら2時間半といったところでしょうか。

メリット

  • 本数が多く、チケットが取りやすい
  • 飛行機のような搭乗手続きがない
  • 東海道新幹線限定で売っているナッツ&チーズ(写真参照)がとても美味しい
一人旅 交通手段

2019年8月撮影

デメリット

  • 交通費が高い(東京-京都間で12000円程)
スポンサーリンク

夜行バス

一人旅 交通手段

最近は全国各地に行くことのできる夜行バス。

新宿にある「バスタ新宿」からは全国各地に向けてバスが出ています。

メリット

  • バスによってはかなり交通費を抑えられる(場合によっては新幹線の半分以下の場合も)
  • 早朝に目的地に着くので、1日を有意義に使える

デメリット

  • 神経質なひとは寝れない(耳栓、膨らませる枕必須)
  • 狭い場所で寝るので疲れる
  • お手洗いがないバスもある

集合場所に注意!

JRや大手バス会社が運営する夜行バスを利用する場合は、集合場所となるバス停の場所が分かりやすいのです。

バスタ新宿もわかりやすいですね。

気を付けなくてはいけないのは、それ以外のバス会社です。

〇〇ビルの前、など特に目印のない場所を集合場所として指定されることもあります。

土地勘のある行きはともかく、帰りのバスは要注意です。

夜行バスはお客さんが全員いなくても、時間になれば容赦なく出発します。

私自身、置いて行かれかけたこともありますし、友人は実際に置いていかれました……。

慣れない旅先では早めに集合場所に着くように無理のない計画を立てましょう。

途中のサービスエリアでも注意!

バスによっては、途中に高速道路のサービスエリアに2~3回寄ります。

もし起きていたらストレッチも兼ねて降りることをおすすめします。

深夜のサービスエリアって非日常感あっていいですよね。

でも、多くの夜行バスが休憩しているので要注意!

フラフラっとバスをでてしまうと、乗っていたバスがわからないなんでことにも……。

バスを離れる前にバス全体とナンバーを写真に撮っておくことをおすすめします。

高級夜行バスってどうなの?

最近話題の高級夜行バス。

通常のバスは座席が4列ですが、高級夜行バスの場合は3列、中には2列のものもあり席がゆったりしています。

カーテンで座席を区切ることができる車両の場合は、ほぼ個室状態です。

もちろん洗面所、お手洗い付き。

シートはほぼフルフラットまで倒れます。

私も実際に乗ってみたのですが、目的地まで疲れることなく熟睡できました。

おかげで朝からパワフルに動きまわることができました。

ネックは価格ですね。

ここまでいい装備だと、新幹線とあまり変わりません。

メリットは遅い時間の出発なので、仕事帰りでも旅に出られることと、朝イチで着くので1日を無駄にせずに過ごせることです。

目的地に午前中には着きたいけど、新幹線じゃ間に合わないときなどにおすすめです。

スポンサーリンク

飛行機

一人旅 交通手段

日本国内に空港が整備され、今や日本国内ならどこでも1~2時間で移動できるんじゃないでしょうか?

メリット

  • 他の交通機関に比べて移動時間が短い
  • マイルなどが貯まれば安く移動できることもある

デメリット

  • 空港から市街地まで遠い(福岡空港除く)
  • 料金が高い、季節によって運賃が変動する

交通費込みのプランを申し込むのもあり!

どの交通手段にもメリットもデメリットもあります。

そんなあなたにおすすめなのが、移動手段とホテルがセットになったプラン。

旅行代理店で扱っていて、華やかな観光旅行のパンフレット置き場の隅に「ビジネスプラン」なんて名前で置いてあります。

新幹線・飛行機の出発時間やホテルのランクによって料金はかなり変わりますが、個別に予約するよりはお手頃であること、間違いありません。

「ビジネスプラン」と銘打っているだけあって、一人旅でも予約できるのも嬉しいポイント。

初めての一人旅にはぴったりかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は交通手段についてお伝えしました。

飛行機で時短するもよし、新幹線で車窓風景を見ながら移動するもよし、夜行バスで朝イチからパワフルに動くのもありですよ。

一人旅を繰り返すうちに、自分に合った交通手段がきっと見つかります。

まずは予算を基準にするのもいいかもしれませんね。

コメント