カレー

カレーを弁当に夏詰めるのは大丈夫?食中毒にならない詰め方が知りたい!

夏場でも温度管理をしっかりすれば、カレーを弁当に詰めても大丈夫です。食中毒にならない詰め方は、しっかり冷やしてから弁当に入れ、保冷剤をいくつか弁当の近くに置き、低温に保てるようにすることです。
タルタルソース

タルタルソースの日持ちは手作りと市販でそれぞれどれくらい?余ったら他に使える?

手作りのタルタルソースの日持ちは2日から1週間ほどで、市販のタルタルソースの日持ちは開封前であれば7ヶ月くらいです。開封後は冷蔵庫で保存して1ヶ月ほど日持ちします。お弁当に入れる場合は、別容器に入れたり市販の小分けタイプにすると、衛生的に安心です。
ミネストローネ

ミネストローネの冷凍での日持ちや保存方法?離乳食用に冷凍はできる?

ミネストローネの冷凍での日持ちは、約1ヶ月ほど。冷凍保存する時には、1食分ずつ小分けにすると使い勝手がいいです。解凍するときは、鍋を使う方法と電子レンジを使う方法があります。煮詰め過ぎた場合は、少し水を加えて再加熱するとよいでしょう。離乳食用にミネストローネを冷凍することができますが、いつも以上に衛生管理には気を付けましょう。
生姜

紅生姜の賞味期限切れは未開封なら食べられる?開封後の日持ちは?食べ過ぎは良くない?

紅生姜は、賞味期限を過ぎても未開封なら食べられる場合がある。紅生姜の開封後の日持ちは、冷蔵庫で保存して1週間ほど。紅生姜の食べ過ぎは健康に害を及ぼす恐れがある。
生姜

紅生姜は冷凍できるか?冷凍、解凍方法や賞味期限は?汁はどうする?

紅生姜は冷凍保存することができます。冷凍保存する時は、一回分ずつ小分けにし、汁は切らずに冷凍しましょう。解凍は、使う前日から冷蔵庫に移しておくと半日位で解凍できます。冷凍した紅生姜の賞味期限は、1ヶ月程です。
かぼちゃ

べちゃべちゃかぼちゃはホクホクになる?煮物やコロッケのタネがべちゃべちゃにならない方法は!

煮物の場合は、かぼちゃにふり塩をしたり砂糖をかけたりしてから、しばらくそのまま置いて、かぼちゃから出る水分で煮ていくとホクホクに仕上がります。かぼちゃのコロッケは、タネにじゃがいもを加えることで、かぼちゃのべちゃべちゃを調整できます。
焼きそば

焼きそばがベチャベチャにならない作り方や復活方法は?原因やレンジを使った対処法も知りたい!

焼きそばがベチャベチャになる原因は、水の量や野菜の量が多い、麺と具材を初めから一緒に炒めている、火力が弱いなどが考えられます。具材(肉と野菜)と麺を別々に炒めて最後に混ぜ合わせたり、麺をほぐす水を使わずに野菜から出る水分で蒸していくことで、美味しい焼きそばが作れます。

卵は賞味期限切れから1ヶ月でも大丈夫?期限切れでも加熱すれば食べられる?

卵は賞味期限切れから1ヶ月過ぎても、冷蔵庫で10℃以下の環境で保存していたのであれば、食べられる場合が多いです。ただし、卵の状態をよく確認して、生食を避けて加熱調理しましょう。賞味期限切れの卵は、加熱すれば食べられることが多いです。
天ぷら

天ぷらは冷蔵庫で何日くらい日持ちする?保存方法は?冷凍保存はできる?

天ぷらを冷蔵庫で保存した場合の日持ちは、2~3日程です。冷蔵での保存方法は、天ぷらの上下をクッキングシートで挟んで、ジップロックなどに入れて冷蔵庫に入れます。天ぷらは冷凍保存もできます。冷凍保存にすることで、酸化を大きく遅らせ長く保存することができます。
ブロッコリー

ブロッコリーは茶色や黄色に変色しても食べられる?変色防止や原因は何?

黄色く変色したブロッコリーは、味は落ちますが食べることができます。茶色く変色したブロッコリーは傷んでいる可能性があるので、食べない方いいです。変色防止の方法として、茹でる時に塩を入れる、湿らせたキッチンペーパーで包み野菜室で保存する、冷凍保存するなどがあります。