書き置きの御朱印の貼り方はどうしたらいい?

御朱印 書き置き 貼り方 御朱印

御朱印巡りを楽しむ皆さま、こんにちは。

突然ですけど、最近は書き置きの御朱印の授与が増えたと思いませんか?

こんなところにも新型ウイルスの影響が及んでいるんですね。

皆さんは書き置きの御朱印ってどうされていますか?

私は御朱印帳に貼っています。

今回はキレイな貼り方について、お話します。

書き置きの御朱印のキレイな貼り方は?

御朱印 書き置き 貼り方

御朱印帳に書き置きの御朱印を貼るには「のり」を使いますが、一口にのりと言っても、色んなのりがありますよね。

御朱印には一体どんなのりが向いているんでしょうか?

調べてみました!

液体のり

定番ののりですね。

使い慣れているので、塗りやすさは抜群です。

しかし乾いてくると、どうしても表面がふにゃふにゃと波打ってしまいます。

うすく塗るなど、塗り方にコツがいりそうです。

おすすめ度:☆☆

スティックのり

これもお馴染みののりですね。

厚くなり過ぎないように均一に塗ってから、均等に圧を加えて貼るのがコツです。

私はいつもスティックのりで貼っていて、今のところ失敗したことはありません。

おすすめ度:☆☆☆

テープのり

テープのりは、ひょっとしたら好き嫌いや使いやすさが別れるかもしれません。

のりと御朱印の紙の相性によっては、テープが和紙を巻き込んで御朱印の紙が薄くなってしまうことがあります。

また剥がれやすく、変色しやすいです。

おすすめ度:☆

御朱印帳より御朱印のサイズが大きい!どうしよう?

御朱印 書き置き 貼り方

実は御朱印には2つのサイズがあります。

神社の標準サイズ:16㎝×11㎝と、お寺の標準サイズ:18㎝×12㎝です。

つまり持っている御朱印帳が神社サイズの場合、お寺の書き置きの御朱印は御朱印帳からはみ出してしまう可能性があるのです。

さあ、どうしましょうか。

実は御朱印ははさみなどで切っても失礼には当たりません。

なので私は御朱印帳のサイズに合わせて切ってから、貼っています。

とは言っても、そのまま切るのも気が引けるので「これから切らせて頂きます」と合掌しながら心の中で唱えてから、切っています。

またキレイに切るために、あらかじめ鉛筆で線を引いてから切るようにしています。

カッターだと和紙の繊維に引っ掛かって、せっかくの御朱印がぐしゃっとなる可能性があるので、はさみで切るのがおすすめです。

私は一度、カッターで切った際に御朱印がくしゃくしゃになってしまい、なんとか伸ばして貼ることでカバーしましたが、くしゃっとなった瞬間泣きそうでした。

大事なことなので2回言いますが、切る時はよく切れるはさみを使いましょう。

貼る以外にも保管方法ってあるの?

御朱印 書き置き 貼り方

クリアファイルに保管

一番簡単な方法です。

お気に入りのクリアファイルに保存しましょう。

お寺と神社で分けたり、御朱印巡りの旅行に行かれた際は、旅先ごとにファイルを作ってもいいですね。

専用ホルダーに保管

なんと書き置きの御朱印専用ホルダーも市販されています。

たくさんの柄があり、選ぶ楽しみがあるのもいいですね。

アルバムタイプなので紙も劣化しにくくて、おすすめです。

スクラップブックを活用

御朱印 書き置き 保管方法

ちょっと変わった方法としてスクラップブックを活用するのはどうでしょうか?

スクラップブックに御朱印を貼り、その寺社にお参りした感想を書いてみたり、参拝の案内を貼ったり、近くで食べた美味しいものについて書いたりすれば、後からみたときにも楽しめるかと思います。

マスキングテープでデコったりしても面白いかもしれません。

(スクラップブックそのものに御朱印をいただくことは大変失礼なので、やめましょうね)

まとめ

試してみたいなと思う方法はありましたか?

少しでも参考になれば幸いです。

私個人としては、専用ホルダーもとっても気になるのですが、御朱印は時系列に沿って保管したい派なので、御朱印帳とクリアファイルを持ち歩き、帰ってからスティックのりで貼る派です。

もちろん、粗末に扱わなければ保存方法に唯一の正解はありません。

ご自身に一番合った保存方法を探してみてくださいね。

コメント