食べ物 | ページ 4 | 横浜独女のつれづれブログ

食べ物

鶏肉

鶏肉の臭み取りはどうやる?塩や酒、熱湯で匂い消しできる?臭みの原因は?

鶏肉の臭みを取るには、塩を使う、料理酒を使う、熱湯をかけるなどの方法があります。また鶏肉の臭みの主な原因として、鶏がこれまで食べてきたエサの臭いが染みついた鶏肉自身の臭い、もうひとつは冷蔵庫で保存しているときに、他の様々な食品の臭いが移ったものが考えれられます。
そば

茹でたそばは冷凍、冷蔵で保存できる?賞味期限はどれくらい?

茹でた蕎麦は冷凍や冷蔵で保存できます。賞味期限の目安は、冷凍の場合で約1ヶ月、冷蔵の場合で約3日です。
カレー

カレーを弁当に夏詰めるのは大丈夫?食中毒にならない詰め方が知りたい!

夏場でも温度管理をしっかりすれば、カレーを弁当に詰めても大丈夫です。食中毒にならない詰め方は、しっかり冷やしてから弁当に入れ、保冷剤をいくつか弁当の近くに置き、低温に保てるようにすることです。
パスタ

茹でたパスタは冷蔵庫で次の日まで日持ちする?冷蔵保存したとき固まるのを防止する方法は?

茹でたパスタの冷蔵保存での日持ちは、2日程度です。冷蔵保存するときは、パスタ同士がくっつかないようにオリーブオイルを混ぜて密閉容器に入れましょう。既にパスタ同士が固まってしまった場合も、オリーブオイルを使うとほぐすことができます。
ほうれん草

ほうれん草は花が咲いても食べれる?毒はない?収穫時期はいつ頃?

ほうれん草の花は、味はやや落ちますが、食べることができます。ほうれん草には毒はないですが、シュウ酸は含まれているので、取り除いた方がよいでしょう。収穫時期は、種を蒔いた時期によって異なりますが、早ければ1ヶ月後には収穫できます。

手作りの栗の渋皮煮を冷凍したら保存期間はどれくらい?保存方法は?

栗の渋皮煮を冷凍した場合、1ヶ月ほど保存できます。シロップと一緒に保存すると、6ヶ月ほど保存できると言われています。栗の渋皮煮の保存方法は、常温、冷蔵、冷凍の方法があります。栗の渋皮煮をシロップと一緒に瓶に詰めて、真空状態にすると常温保存ができます。
パスタ

パスタの茹で汁は体に悪い?捨てないで再利用する方法は?

パスタの茹で汁は、摂り過ぎなければ体に悪いことはない。パスタの茹で汁の再利用として、料理ではパスタのソースを作る、スープを作る、パンやピザの生地に加えるなど。生活面での再利用法として食器洗いやコンロ周りの汚れ落とし、足裏パック、髪の毛トリートメントなどがある。
焼きそば

焼きそばがベチャベチャにならない作り方や復活方法は?原因やレンジを使った対処法も知りたい!

焼きそばがベチャベチャになる原因は、水の量や野菜の量が多い、麺と具材を初めから一緒に炒めている、火力が弱いなどが考えられます。具材(肉と野菜)と麺を別々に炒めて最後に混ぜ合わせたり、麺をほぐす水を使わずに野菜から出る水分で蒸していくことで、美味しい焼きそばが作れます。
ポトフ

ポトフは冷蔵庫や冷凍で何日くらい日持ちする?長持ちする保存方法は?

ポトフの冷蔵での日持ちは、2~3日です。冷凍保存したポトフは、2~3週間を目安に食べ切るとよいでしょう。ポトフが長持ちする保存方法は、冷凍保存です。じゃがいもは冷凍には向かないので、取り除くか細かく刻んでから冷凍する。
ブロッコリー

冷凍ブロッコリーのお弁当への入れ方!そのまま入れて自然解凍でいいの?

冷凍ブロッコリーをお弁当に入れるときは、そのまま使えるタイプや加熱してから使うタイプか確認し、そのまま使えるタイプは解凍してから、加熱してから使うタイプは必ず加熱してから使えば、お弁当がびちゃびちゃになることはありません。そのまま使えるタイプでも、冷凍のまま自然解凍で入れてしまうと、余分な水分が出てしまい、お弁当のご飯や他のおかずはびちゃびちゃになってしまいます。