横浜独女のつれづれブログ
大根

大根は一晩水にさらして大丈夫?大根サラダの保存方法についても知りたい?

大根サラダは大根を切ったら、アク抜きのためと大根のシャキシャキとした食感を活かすために水にさらします。大根を水にさらす時間は5分程度です。水にさらしても5分程度なら栄養はなくなりません。今回は大根サラダを水にさらす理由や時間、また保存方法など詳しく解説していきます。
焼きそば

焼きそばがベチャベチャになった時の復活方法やベチャベチャにならない作り方を知りたい!

焼きそばがベチャベチャになる原因は、水の量や野菜の量が多い、麺と具材を初めから一緒に炒めている、火力が弱いなどが考えられます。具材(肉と野菜)と麺を別々に炒めて最後に混ぜ合わせたり、麺をほぐす水を使わずに野菜から出る水分で蒸していくことで、美味しい焼きそばが作れます。
シチュー

シチューは鍋のままで常温や冷蔵庫で保存して大丈夫?

シチューは冷蔵庫では1~2日程度、日持ちします。常温放置は食中毒の原因となるウェルシュ菌が繁殖しやすいため、厳禁です。また鍋のまま冷蔵庫に入れて保存すると傷みやすくなるので、密閉できるタッパーなどに移して冷蔵保存しましょう。
たこ焼き

たこ焼きは冷凍保存できる?冷凍方法や余った生地の保存について知りたい!

たこ焼きは冷凍保存が可能で、冷凍するときはフリーザーバッグやタッパーなどの密閉容器に入れて冷凍しましょう。解凍するときは、冷蔵庫で半解凍した後、電子レンジの解凍モードで温めればOKです。また余った生地も実は冷凍が可能で、こぼれないようにペットボトルに移して冷凍保存しましょう。
寿司

お寿司は冷蔵庫に入れると固くなる?固くならない冷蔵庫保存やレンジでの復活方法を紹介!

お寿司を冷蔵庫に入れるとか固くなってしまうのは、庫内の温度がちょうど米のデンプンを劣化させる温度だからです。固くなるの避けるには野菜室に入れるのがオススメです。その際、しっかり密封しましょう。また冷蔵庫で保存していたお寿司は、電子レンジを使うことで復活させることができます。
すき焼き

すき焼きの残り汁は次の日も食べられる?保存方法や日持ち、リメイクレシピも知りたい!

すき焼きの残り汁は次の日まで日持ちさせることが可能です。また冷蔵保存する場合は、鍋のままかタッパーに移せば2~3日日程度日持ちします。冷凍保存の場合は、具と汁と分けてフリーザーバッグに入れて保存すれば、1ヶ月程度日持ちします。
カレー

解凍したカレーの日持ちはいつまで?冷凍カレーの解凍方法も知りたい!

冷凍したカレーの解凍方法は、ジップロックで保存した場合は湯せん、タッパーで保存した場合は鍋に移して、火にかけて温めるのがおすすめです。解凍後の賞味期限はできれば当日、遅くても翌日までです。またレンジで解凍する場合には解凍ムラに気をつけましょう。
ブロッコリー

冷凍ブロッコリーはお弁当に入れると腐る?そのまま入れて自然解凍でいいの?

冷凍ブロッコリーをお弁当に入れるときは、そのまま使えるタイプや加熱してから使うタイプか確認し、そのまま使えるタイプは解凍してから、加熱してから使うタイプは必ず加熱してから使えば、お弁当がびちゃびちゃになることはありません。そのまま使えるタイプでも、冷凍のまま自然解凍で入れてしまうと、余分な水分が出てしまい、お弁当のご飯や他のおかずはびちゃびちゃになってしまいます。
うどん

冷やしうどん弁当の麺がくっつかない方法や冷凍うどんを弁当に入れる方法は?

弁当に詰めたうどんがくっつかないようにするには、詰める前にうどんはしっかり水洗いし、仕上げに油をまぶし、一口分ずつ入れるなどの方法があります。うどんがくっつく原因は、茹で上がったうどんのぬめりを取り切れていないこと、水分が飛んだうどんの表面にデンプンが出てきて、うどん同士がくっつくためです。
いちご

お弁当にいちごを持って行っても大丈夫?入れ方は?腐る?ヘタはカットする?

いちごは、傷まない入れ方を心がければ腐る心配も少なく、お弁当に持って行っても大丈夫です。お弁当にいちごを持って行く時の傷まない入れ方は、いちごは洗ってから水分を切る、ヘタを取る、おかずとは別容器に入れる、保冷剤を使うです。冷凍いちごは、そのままお弁当箱に入れてしまって大丈夫です。