菊芋

菊芋の食べ過ぎは注意が必要!副作用や効果的な食べ方が知りたい!

菊芋を食べる時には、食べ過ぎないように注意することが必要です。菊芋を食べ過ぎると、イヌリンの影響で、腹痛や下痢が起きる、アレルギー症状が出るなどの副作用が心配されます。菊芋の効果的な食べ方として、皮ごと食べる、生で食べる、炒め物にする、粉末を利用するなどがあります。
炊飯器

炊飯器の内釜に米がくっつく原因は?こびりつきを防止するにはどうすればいい?

内窯に米がくっつく原因は、米が潰れてしまうから、ご飯が乾燥しているから、内窯の手入れができていない、ご飯を食べ終わったらすぐに水に浸けていない、などが考えられます。こびりつかないようにするには、ご飯を固めに炊く、ご飯ネットという便利グッズを使うという方法が有効です。
お茶

ペットボトルのお茶や水は賞味期限切れでもいつまで飲める?開封後の賞味期限は?

ペットボトルのお茶は、賞味期限切れから1~2ヶ月ほどならば、大丈夫の場合が多いです。ペットボトルの水が美味しく飲めるのは、賞味期限切れから半年~1年くらいです。開封後のペットボトルのお茶や水の日持ちは、冷蔵庫保存で1週間ほどです。
ご飯

冷凍ご飯の賞味期限はいつまで?半年~1年くらいは日持ちする?

冷凍ご飯の賞味期限はおよそ1ヶ月です。ただし、1週間を過ぎたころから風味が落ちてくるので、できれば冷凍してから1週間以内に食べましょう。半年や1年くらいご飯を冷凍保存することは可能ですが、ご飯が劣化しておいしくなくなってしまう場合がほとんどです。
ハンバーグ

ハンバーグはパン粉なしで作るとどうなる?代わりに片栗粉でも大丈夫?

パン粉なしでも、代わりになるものを使えば、ジューシーで美味しいハンバーグが作れます。パン粉の代わりに片栗粉を使う場合は、片栗粉を具材と一緒に混ぜる方法と、焼く時に片栗粉をまぶす方法があります。
大根

大根の食べ過ぎで胃が痛い!対処法は?食べ過ぎで下痢になったり太ったりする?

大根を食べ過ぎて胃が痛くなった場合の対処法は、水分、特に牛乳や豆乳を飲むようにすると即効性があります。大根の食べ過ぎで下痢になることもあります。大根そのもののカロリーは低いので、大根と一緒に調理する食材のカロリーに気を付けた方がよいです。
ほうれん草

ほうれん草は花が咲いても食べれる?毒はない?収穫時期はいつ頃?

ほうれん草の花は、味はやや落ちますが、食べることができます。ほうれん草には毒はないですが、シュウ酸は含まれているので、取り除いた方がよいでしょう。収穫時期は、種を蒔いた時期によって異なりますが、早ければ1ヶ月後には収穫できます。
茶碗蒸し

茶碗蒸しがレンジで固まらない!再加熱で固まる?リメイクレシピや固まらない具材はある?

固まらなかった茶碗蒸しは、出汁が多い、生の舞茸を使用している、加熱に問題があるなどの固まらない理由がクリアできれば、再加熱で固まります。 リメイクレシピとして、簡単にできる「卵のおかゆ」、「お吸い物」、「だし巻き卵」などがあります。
チーズ

とろけるチーズを冷凍したら固まるのはなぜ?溶かす方法や固まらないようにするにはどうすればいい?

とろけるチーズを冷凍したら固まるのは、常温に置かれた時にチーズの油脂が解け、それが冷凍したときに固まるからです。固まってしまったチーズは、電子レンジの解凍モードを使ってほどくことができます。固まらないようにするには、フリーザーバッグなどに移してから冷凍し、一度取り出して揉むように全体をほぐしとよいでしょう。
たこ焼き

たこ焼きが鉄板にくっつく原因は?くっつかない方法はある?

たこ焼きが鉄板にくっつくのは、鉄板と油が馴染んでいない、鉄板が十分に加熱されていない、生地の水分が多いといった原因があります。たこ焼きがくっつかないようにする対処法として、焼く前に鉄板にしっかり油を馴染ませる、しっかりと鉄板を加熱する、生地に卵や天かすを足すといった方法があります。