スポンサードリンク

カレーを弁当に夏詰めるのは大丈夫?食中毒にならない詰め方が知りたい!

カレー 弁当 夏 カレー

お弁当のおかずを、忙しい朝に一から作るのは大変です。

そこで活躍するのが前日の残り物。

しかし、前日がカレーだった場合、カレーをお弁当に持って行って大丈夫か、特に夏場は衛生的にも心配になります。

ですが、夏場にカレーを弁当に詰めても持って行くことは可能です。

食中毒にならない詰め方は、しっかり冷やしてから弁当に入れ、保冷剤をいくつか弁当の近くに置き、低温に保てるようにすることです。

それでは、カレーを弁当に夏詰めるのは大丈夫か、食中毒にならない詰め方にはどんな方法があるかなどについて、もう少し詳しくご紹介していきます。

大好きなカレーをお弁当に持って行きたいけれど、傷んでしまうのではないかと心配している方、お弁当箱からカレーが漏れてしまい嫌な思いをしたことがある方、この記事を参考にしてもらえれば、夏場でも躊躇せずにカレー弁当を楽しめます。

スポンサーリンク

カレーを弁当に詰めても大丈夫?

カレーを弁当に詰めても大丈夫です。

カレーは常温保存はできないメニューと言われているので、お弁当にも向いていないのではないかと思われがちですが、夏場でも温度管理をしっかりすればお弁当に持って行けます。

カレーを弁当に詰める時の注意点

・しっかり冷やしてから弁当に入れ、保冷剤をいくつか弁当の近くに置き、低温に保つ。

*細菌が増殖しやすい20~40℃にならないように、しっかり温度管理をすることが大切です。

*すべての食材に言えることですが、温かい食べ物を密閉すると、弁当の中の湿度が高くなるので、傷んでしまいます。

・カレー粉を使用してカレーを作ると、弁当にした時に傷みにくい。

*カレーに含まれるウコンには、クルクミンという成分が入っていて、優れた防腐効果があるため、食材が傷みやすい夏場には、カレー粉の使用がおすすめです。

*防腐効果の高いカレーを作るには、カレー粉だけで作るとよいと言われています。

我が家では、市販のカレールーを使わずに、カレー粉を使ってカレーを作ることが多かったです。

しかし、手間がかかるので、忙しい時は添加物が少ないカレー粉入りのルーを使っています。

・お酢を使用して、菌による食品の傷みを抑える。

*酢を含ませたキッチンペーパーで弁当箱を軽く拭くと、菌による食品の傷みを抑えることができます。

夏にお弁当に入れない方がよい食材

夏にお弁当に入れない方がよいと言われている食材と、その理由をお伝えします。

・サルモネラ菌による食中毒が起こることが多い…特に、卵

・水分が出て、雑菌が繁殖しやすい…特に、生野菜、果物、チャーハン、混ぜご飯、煮物、魚介類

夏のお弁当に活用したい食材

高温多湿になり傷みのスピードが早い夏場に活用したいのは、抗菌、殺菌作用のある食材です。

お弁当に活用したい抗菌、殺菌効果がある食材をお伝えします。

・殺菌作用のある食材…梅干し、しょう油、お酢、わさび、大葉、生姜、にんにく、など

・防腐効果がある食材…カレー粉、大葉、レモン、れんこん、など

スポンサーリンク

カレーの弁当の詰め方

カレーを弁当に詰める方法として、ラップを使う、カレールーを挟む、オムカレーにする、具材を挟む、の4つをお伝えします。

ラップを使う

➀空の弁当箱にラップを被せ、弁当箱に合わせて窪ませ、四隅は弁当箱の外に出しておく。

②ご飯を入れ、その上にラップをかけ、その上からカレーを入れる。

③カレーの上にラップをして蓋をする。

*食べる時は、一番上のラップを取り、カレーとご飯の間のラップを抜いて食べます。

*お弁当箱も汚れず、ご飯とカレーを分けて入れることができるので、安心です。

ご飯とご飯の間にカレーを挟む

➀弁当箱にご飯を入れて、その上にカレーをかける。

②もう一度ご飯を乗せて蓋をする。

*弁当箱が汚れずに、ご飯とルーが混ざらないので傷みにくいです。

オムカレーにする

➀フライパンで薄焼き卵を焼く。

②カレーを薄焼き卵で包み、ご飯の横に乗せる。

*ご飯とカレーを分けて持って行けるので、傷みにくいです。

ご飯とカレーの間に具材を挟む

➀弁当箱にご飯を入れ、薄焼き卵またはスライスチーズをご飯が隠れるように入れて、カレーをかける。

②その上にラップをかけて蓋をする。

*ご飯にカレーが浸み過ぎることもなくなります。

*薄焼き卵やスライスチーズと一緒に、大葉を挟むという方法もあります。こうすることで一層殺菌・防腐効果が高まります。

カレーの弁当おすすめ容器

カレーを弁当に詰めるおすすめの容器として、スープジャー、インド式弁当箱、 キャリーランチボウルフラットの3つをお伝えします。

➀スープジャー(保温・保冷)

スープジャーに熱々のカレーを入れて、別のタッパーにご飯を入れて持って行きます。カレーの温かさが維持でき、汁物使用のためしっかり密閉できるので、漏れの心配もありません。金属製なので、ジャーに臭いが残りにくいです。

②インド式弁当箱3段タイプ

カレーの国インドの弁当箱で、汁漏れ防止のための僅かな段差があります。

またすべての段を抑えてくれる金具が取っ手の部分についていて漏れづらい構造になっているようです。

ステンレス製なのでカレー色に染まることや臭い移りも心配ないようです。

③キャリーランチボウルフラット

丸い形をした見た目がかわいい弁当箱で、丼物や麺類が持っていけます。

中に密閉性の高い汁物用の容器が入っているので、ご飯とカレーを分けて持って行き、食べる直前にカレーをかけて食べます。

電子レンジ対応なので、温かいカレーが食べられます。

スポンサーリンク

まとめ

カレーは弁当に夏詰めるのは大丈夫か、食中毒にならない詰め方にはどんな方法があるかなどについて、お伝えしました。

  • 夏場でも温度管理をしっかりすれば、カレーを弁当に詰めても大丈夫です。
  • 食中毒にならない詰め方は、しっかり冷やしてから弁当に入れ、保冷剤をいくつか弁当の近くに置き、低温に保てるようにすることです。

傷みやすいイメージが強いカレーですが、注意点を理解していれば、夏場でもカレーを弁当に持って行くことができます。

今回紹介した記事を参考に、カレーを弁当に持って行くという選択肢をプラスして、楽しいランチタイムを過ごしてもらえたらうれしいです。

コメント