スポンサードリンク

鶏肉の臭みを取る方法が知りたい!塩や酒で臭いは取れる?臭みの原因は?

鶏肉 臭みを取る方法 鶏肉

鶏肉を料理しようと冷蔵庫から出したら、何だか生臭いようなおかしな臭いがする……そんな経験ありませんか?

鶏肉には嫌な臭いがつきやすいものですので、これは特におかしな現象ではありませんし、ちゃんと臭いはとることができます。

鶏肉の臭みを取るには、塩を使う、料理酒を使う、熱湯をかけるなどの方法があります。

どの方法で臭み取りをしても大丈夫ですよ。

また鶏肉の臭みの原因は大きく2つあります。

ひとつは鶏がこれまで食べてきたエサの臭いが染みついた鶏肉自身の臭い、もうひとつは冷蔵庫で保存しているときに、他の様々な食品の臭いが移ったものです。

記事の中で鶏肉の下処理の詳しい方法を解説しています。

また腐った鶏肉との違いも解説しています。

この記事を読めば、臭い鶏肉の下処理について悩むことはなくなるはずです。

スポンサーリンク

鶏肉の臭みの原因

鶏肉 臭みを取る方法

鶏肉の臭みの原因は何でしょうか?

大きく分けて2つの原因があります。

ひとつは鶏肉自身が持つ臭いで、トリが食べてきたエサの臭いが染みついたものです。

もうひとつの原因は、冷蔵庫の中でついた臭いです。

冷蔵庫の中に入った様々なものの様々な臭いが鶏肉に染み付いたものです。

この2つの原因であの鶏肉特有の気になる臭いがするのですね。

腐った鶏肉との見分け方の違いは?

鶏肉は臭いがして当たり前ということになると、腐った鶏肉とはどうやって判別したらいいんでしょうか?

腐った鶏肉の臭いと、普通の臭みのついた鶏肉の臭いは違います。

腐った鶏肉は硫黄のような、卵の腐ったような臭いがします。

明らかに鶏肉の臭みとは違う臭いです。

あとは買ってからの日数や保存方法なども参考にして、腐っているかどうか判断しましょう。

スポンサーリンク

鶏肉の臭みを取る方法

鶏肉 臭みを取る方法

では鶏肉の臭み取りをするにはどうしたらいいでしょうか?

方法はいくつかあります。

塩を使う

塩の持つ力で鶏肉の中の臭みを浮かしだす方法です。

塩を鶏肉全体に振りかけます。

イメージとしては表面に塩を塗り込むイメージです。

塩を振ったら10分ほど放置します。

すると塩の脱水作用により臭み成分や古くなった油が肉の外へと浮かび出てきます。

そうしたら水洗いして下処理の完成です。

水で洗い流す代わりに、キッチンペーパーで拭いてもOKです。

鶏肉が水っぽくなるのが気になる方は、キッチンペーパーで拭きましょう。

料理酒を使う

パッドに鶏肉を並べ、その上から料理酒を振りかけます。

あとは20分ほど放置するだけです。

鶏肉の持つ保湿性が高まり、しっとりと柔らかくジューシーな仕上がりになりますよ。

熱湯をかける

鶏肉を鍋に入れ、50℃くらいのお湯をかけて2~3分放置します。

パサパサしない鶏肉になりますよ。

 

しっかりと下処理をしておけば、調理後に鶏肉の臭みが気になるということはなくなります。

それだけ下処理での臭み取りは大切なので、しっかりと行いましょう。

また鶏肉を冷凍する場合は、下処理でしっかり臭みをとってから冷凍しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今日は鶏肉の臭み取りについて、解説しました。

おさらいも兼ねて、今回の大切なポイントをまとめてみましょう。

  • 鶏肉の臭いの原因は、鶏が食べたエサの臭いが染みついた鶏肉自身が持つ臭いと、買った後冷蔵庫に入れた際に庫内の食材の臭いが移ったから
  • 鶏肉の臭いを取るには、塩を使う、料理酒を使う、熱湯をかけるなどの方法がある
  • 鶏肉を冷凍保存するときも下処理してから冷凍する

これで気になる鶏肉の臭いについて解決ですね。

ていねいに下処理すれば、鶏肉の嫌な臭いはきれいにとることができます。

料理は下処理が肝心です。

しっかりした処理をして、美味しい鶏肉料理を作ってくださいね。

コメント