スポンサードリンク

炊飯器の内釜に米がくっつく原因は?こびりつかないようするにはどうすればいい?

炊飯器 くっつく 炊飯器

ご飯が炊飯器の内窯にくっついて困っているという方も多いのではないでしょうか?

片付けに手間がかかるし、大変ですよね。

内窯に米がくっつく原因は、米が潰れてしまうから、ご飯が乾燥しているから、内窯の手入れができていない、ご飯を食べ終わったらすぐに水に浸けていない、などが考えられます。

こびりつかないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

ご飯を固めに炊く、ご飯ネットという便利グッズを使うという方法が有効です。

この記事を読めば、もうご飯がくっついてイライラしながら内窯をゴシゴシとスポンジで擦ることはなくなるかと思います。

記事中で詳しく解説していますので、ご覧ください。

スポンサーリンク

米がくっつく原因

炊飯器 くっつく

米がくっつく原因は何なんでしょうか?

いくつか原因が考えられます。

米が潰れてしまうから

柔らかく炊いた場合などに米が潰れてしまうと、米のデンプンが外に出てしまい、内窯にくっつき、こびりつきの原因となります。

ご飯が炊きあがったらすぐに混ぜて、15分ほど蒸らしましょう。

蒸らすとご飯がふっくらする上に、内窯にこびりつきにくくなります。

ご飯が乾燥しているから

保温を長時間続けている場合などはご飯が乾燥してしまいます。

フタはこまめに閉めて、水分の蒸発を少しでも防ぎましょう。

水分の蒸発でご飯が乾燥してしまい、ご飯のこびりつきに繋がります。

長期間の保温はご飯の劣化を招き、嫌な臭いの発生にもつながります。

もしご飯を長時間保存するなら、保温ではなく冷凍保存しましょう。

また保温する場合は、少しでも内窯にご飯は触れないようにご飯を中央に寄せることで、乾燥を防ぐことができます。

内窯の手入れができていない

内窯は柔らかいスポンジで洗いましょう。

ゴシゴシこすると、内窯のコーティングが取れ、ご飯がこびりつきやすくなってしまいます。

ご飯のこびりつきが取れないからといって、ゴシゴシこすっては悪循環です。

内窯をしっかりと水に浸けて、時間を置いてご飯は柔らかくなったころにそっとこすり洗いしてみましょう。

ご飯を食べ終わったらすぐに内窯を水に浸けていない

空になった内窯をそのまま放置していませんか?

そのままにしていると、残ったご飯がカピカピになって取るのが大変になってしまいます。

空になった内窯はすぐに水に浸けましょう。

スポンサーリンク

こびりつき防止方法

炊飯器 くっつく

こびりつきを防止するにはどうしたらいいんでしょうか?

方法はいくつかあります。

ご飯を固めに炊くことで、ご飯がつぶれず炊飯器にくっつく可能性が減ります。

なので

  • 固めモードで炊く
  • 水を少し減らして、ご飯を固めに炊く

ことが効果的です。

またご飯ネットという商品を使う方法もあります。

これを使えば、ご飯がこびりつくことはありません。

使い方は簡単です。

  1. 買ってきたご飯ネットを水洗いし、ネットに水分を含ませる
  2. 内窯にネットを敷く
  3. その上から研いだお米を入れて既定の量の水を入れる
  4. ネットの縁は炊飯器の中に折り込んで、通常通り炊く

良かったら試してみてください。


スポンサーリンク

まとめ

今日はご飯は内窯にくっつく原因と対処方法についてお伝え致しました。

簡単にポイントをまとめてみます。

  • ご飯はくっつく原因は、米が潰れてしまうから、ご飯が乾燥しているから、内窯の手入れができていない、ご飯を食べ終わったらすぐに水に浸けていない、が考えられる
  • こびりつきを防止するには、ご飯を固めに炊く(柔らかいご飯は潰れやすく、デンプンが外にでてしまい、べちゃべちゃと内窯にくっつきやすい)
  • ご飯ネットを使って炊飯するのも、こびりつきを防止する有効な手段である

これで食後の片付けの手間もぐんと楽になるかと思います。

食後はぱぱっと片付けてゆっくりしたいですもんね。

ちょっとしたひと手間が大切ですね。

皆さんが毎日、美味しいご飯がいただけますように……。

コメント