スポンサードリンク

お弁当にチャーハンは危険!前日の作り置きは腐りやすい?傷まない詰め方はある?

チャーハン 弁当 危険 チャーハン

大人はもちろん、子どもも大好きなチャーハン。

お弁当にも入れたくなりますよね。

でもチャーハンをお弁当に入れるのは危険ということをご存じでしたか?

その理由は、食中毒の原因となる「セレウス菌」という菌が繁殖してしまうからなんです。

この菌自体は普通の白いご飯にもいるのですが、具材が入って水分が多く含まれるチャーハンはよりこのセレウス気が繁殖しやすいのです。

じゃあどうしたらいいの?ということで、その解決策を詳しく見ていきましょう。

また、チャーハンが腐った時の状態や、おすすめチャーハン弁当レシピもご紹介していきます。

スポンサーリンク

チャーハンがお弁当に危険な理由

チャーハン 弁当 危険

チャーハンがお弁当に危険な理由は「セレウス菌」が繁殖しやすいからです。

どんなお米にも付着することのある菌ですが、調理している際の熱でも死滅することのない強い菌です。

過剰に摂取してしまった場合、嘔吐や下痢などの食中毒の症状がでます。

実はこの菌、常温(10℃から45℃)が一番繁殖する温度帯なんです。

さらにその温度帯の中でも、30℃前後が一番活動しやすい菌なんだそうです。

まさにお弁当箱の中は、セレウス菌の繁殖に打ってつけ!

しかも野菜など水気のある具材が入っているので、全体の水分量が増して、傷みやすいんです。

だからお弁当にチャーハンを入れるのは危険というわけです。

スポンサーリンク

チャーハンは腐るとどうなる?

チャーハン 弁当 危険

チャーハンは腐るとどうなるんでしょうか?

あんまり想像したくありませんが、下記のような状態になります。

  • 糸を引く
  • ねっとりしている
  • 作り立てより茶色っぽい
  • 酸っぱいような異臭がする

これらの症状のうち、ひとつでも当てはまっていたらそのチャーハンは腐っている可能性があります。

常温で放置した場合、夏は特にすぐに腐ってしまいます。

残念ですが、食べるのはやめましょう。

スポンサーリンク

チャーハン弁当の詰め方

チャーハン 弁当 危険

チャーハンのお弁当の詰め方にはコツはあります。

一番大切なのはしっかりと冷ますことです。

前日の夜のうちに作っておいて、チャーハンが冷めてから冷蔵庫に入れる、またはチャーハンをお弁当箱に詰めた状態で冷蔵庫で保管しておくのもよいでしょう。

冷凍食品のチャーハンを使う場合は、特にレンジで熱々になっていますので、前日のうちに用意しておくのがいいかもしれません。

他にも対応方法があります。

  • お弁当箱の上に保冷剤を置き、その上からハンカチで巻く
  • 自然解凍する冷凍食品のおかずを入れる
  • 凍らせた一口ゼリーを入れる
  • 100均で売られている抗菌シートを入れる

とにかくお弁当を冷やしたまま、持って行くのがポイントです。

夏はもちろん冬も暖房で室内は温かいですから、可能ならば職場や会社の冷蔵庫に入れるのがベストです。


チャーハン弁当おすすめレシピ

チャーハン 弁当 危険

ここでおすすめのチャーハンの弁当、キムチチャーハンのレシピをご紹介します。

キムチチャーハンはキムチの殺菌効果により、傷みにくいチャーハンになります。

あとは通常のチャーハンに梅干しを叩いたものを混ぜるのもおすすめです。

梅干しの殺菌効果で安全性が高まりますよ。

味もさっぱりとして美味しいこと、間違いなしです。

キムチチャーハン

【材料】

  • お米 100g
  • 水  110㏄
  • 酒 小さじ半分
  • 豚こま肉 20g
  • 白菜キムチ 30g
  • 白いりごま 適量
  • 塩 適量
  • しょう油 大さじ半分

【作り方】

  1. 米は通常通り洗って炊く
  2. 豚こま肉を切る
  3. キムチは細かく刻む
  4. 調味料はすべて混ぜて置く
  5. フライパンを熱し、油(分量外)を入れ豚こま肉をまず炒める
  6. そこにキムチを加える
  7. 具がなじんだらご飯を入れて、全体が馴染むようにかき混ぜる
スポンサーリンク

まとめ

今回はお弁当にチャーハンを入れる時の注意点についてお伝えしました。

ポイントをまとめてみましょう。

  • お弁当にチャーハンが危険なのは、食中毒を起こすセレウス菌が繁殖しやすいから
  • チャーハンは腐ると糸を引いたり、異臭を放つ
  • 安全にお弁当に入れたチャーハンをもっていくには、とにかく冷やしてもっていく
  • 殺菌力の強い食材と組み合わせることによって、傷みにくいチャーハンをつくることができる

いかがでしたでしょうか?

皆さんの毎日のお弁当作りの参考になれば幸いです。

コメント