【独女満喫】本場・京都で舞妓さん・花魁に変身してみた!お店選びのポイントをご紹介!

京都 舞妓 花魁 独女 舞妓・花魁体験

京都の街で見掛ける、華やかな舞妓さん。

夜に見掛ける方は本職の方の可能性もありますが、昼間にいる方はほぼ間違いなく観光客の「舞妓さん体験」です。

京都には何度も旅行している私ですが、「いつかは私も舞妓さんの衣装を着て街を歩きたい!」を思いを募らせていました。

そしてある時、思い切って舞妓さんデビューしてみました!

恥ずかしながらその時の様子をご紹介します。

そしてなんと!舞妓さんだけじゃなく花魁デビューもしちゃいました!

私と同じように「舞妓さん・花魁体験をしてみたい!」という方の参考になれば嬉しいです。

舞妓体験レビュー

京都 舞妓 花魁 独女

舞妓さんは本来は10代の少女なのですが……そんなことは関係ありません。

やりたいと思った時がやるべきタイミングだと思います。

私が舞妓体験でお世話になったのは、京都市中京区にある華陽というお店です。

着物を選んだら早々にウィッグネットをつけてもらい、いよいよメイクへ。

本物の舞妓さん同様背中までしっかり塗ってもらいます。

京都 舞妓 花魁 独女

2008年3月撮影

この段階では「のっぺらぼう」状態です。

果たしてこの状態から可愛らしい舞妓さんになれるのか、非常に不安です……。

京都 舞妓 花魁 独女

2008年3月撮影

アイメイクのみ完成しました。

ほんのりしたピンクに見えますが、実際はかなりがっつり濃く塗っています。

京都 舞妓 花魁 独女

2008年3月撮影

そして眉をかいて紅を入れメイクが完成!

少しは憧れの舞妓さんに近づけたでしょうか?

顔写真を載せるのはすごーく悩んだのですが、皆さんに雰囲気を味わっていただくには顔をしっかり見せねば……と私にしては一大決心です。

これにかつらを被って、着付けをして完成です。

季節に合わせて菜の花のかんざしに緑の着物。

敢えて自分で言いますが、良い組み合わせだと思います。

京都 舞妓 花魁 独女

2008年3月撮影

こちらのお店は屋外でも撮影してくれるので、おすすめです。

また時間が許す限り、お店に戻ってからも撮影が可能です。

下の画像の構図は自分で考えてみました。

京紅でお化粧直しをする舞妓さんです。

自画自賛ですが、なかなかいい構図が撮れたのでは?と思っています。

京都 舞妓 花魁 独女

2008年3月撮影

次の画像は、「お支度を済ませて、夜の街へいざ!」といった場面(のつもりです。)

京都 舞妓 花魁 独女

2008年3月撮影

体験を終え着替えた後、撮影をした夜の祇園にも来てみました。

観光客も少なく、昼間とはまったく違う、どこか妖しげな雰囲気が漂っていました。

京都 舞妓 花魁 独女

2008年3月撮影

舞妓体験・お店選びのポイント

京都にはたくさんの舞妓体験ができるお店があります。

舞妓経験は、一生のうち何度も経験できるものではないので絶対に失敗したくないですよね!

私も、「いったいどこがいいの!」とすごく悩みました。

そこで、舞妓体験をした私の経験からお店選びのポイントご紹介します。

値段で決めない

結構、お値段のする舞妓体験。

学生向きにお手頃価格のお店もありますが、選べる衣装が少ない、撮影枚数が少ないなど安いなりの理由があります。

せっかくの貴重な体験、値段ではなく中身で選びましょう。

そのお店のサイトを熟読して自分のイメージする写真が撮れるかで決めましょう。

ちなみに私は舞妓体験の際は「半かつら」を扱うお店を基準にしました。

半かつらは自分の髪をかつらに巻き込んで髪型を整えるので、額の生え際が自然です。

いわゆる被るだけの全かつらだと、いかにもかつら感が出そうだったので……。

自分の譲れないポイントがあれば、お店は絞られると思います。

店外撮影をしたいか、しなくてもいいかで決める

お店によっては、タクシーで祇園や八坂神社など京都の名所でカメラマンさん同伴で出かけ、撮影してくれるプランもあります。

古都を背景にプロのカメラマンの撮影、本格的なできあがりを期待できます。

観光も楽しめて一石二鳥!

人力車に乗っての撮影が楽しめるお店もあるようです。

ただし料金もそれなりにお手軽価格というわけにはいかないので、今からお小遣いを貯めておきましょう。

花魁体験レビュー

京都 舞妓 花魁 独女

さて、舞妓体験に気をよくした私は無謀にも花魁体験もしてみたい!と思うようになりました。

念願叶って、祇園町の「花りん」という花魁体験スタジオのお世話になり、夢実現です。

京都 舞妓 花魁 独女

付け爪もして、手先まで気合十分です!

付け爪はオプションなのですが、どうせやるなら徹底的に!手先まで気合を入れねば!と初めて付け爪をつけてみました。

京都 舞妓 花魁 独女

2019年8月撮影

東京からわざわざ来たからには満足のいく1枚を……ということで、ボディーシールも貼ってみました。

花魁の衣装は結構胸元がはだけるので、いい感じに映えてくれました。

付け爪もボディーシールもたくさんの種類があるので、衣装にあわせて選ぶのも楽しかったです。

京都 舞妓 花魁 独女

2019年8月撮影

妖艶なメイクと花魁独特の艶やかな衣装に身を包み、撮影してもらったその姿をご覧ください。

京都 舞妓 花魁 独女

2019年8月撮影

京都 舞妓 花魁 独女

2019年8月撮影

えーっと、一応花魁に見えるでしょうか?

カメラマンさんがうまく褒めてくれるので気分はモデルです。

また他の色の着物でも体験してみたいなぁと思います。

ところで、花魁のカツラってとってもボリューミーで重そうに見えますよね。

実際のところは軽量化されていて見た目ほど重くはないのですが、でもやっぱり軽くはないんですよね。

あと着物も軽量化されているそうで、見た目ほど重くはないんですよ。

それよりも、花魁の妖艶さを出すために限界ギリギリよろしくで背中をはだけさせたら思いのほか寒かったです。

なので、寒がりの方は背中の出し過ぎにご注意ください。

花魁体験お店選びのポイント

花魁変身を扱うお店は、舞妓体験ほど多くはありません。

その分、各お店のオリジナリティーがあります。

自分にぴったりのお店を選ぶ参考になれば幸いです。

そのお店のサイトを熟読する

特に実際に体験した方の写真をじっくり見ましょう。

「こういう背景で撮ってみたい!」「こんな感じのメイクがしたい」というお店があればベストです。

個人的に「舞妓体験がメインで、花魁体験もできます」みたいなお店は避けた方がいいかなと思います。

花魁写真専門、もしくはメインのお店を選びましょう。

もらえる写真データに注意

どのお店のプランも着付け+メイク+写真撮影+写真〇枚でいくら、といったものが多いと思います。

意外に写真のデータをもらえるお店は少ないんです。

オプション扱いとして、写真全データで5000円、なんていうのも珍しくありません。

私はプランの中に全写真データも含まれるプランがいいという基準でお店を選びました。

せっかくだからSNSにアップしたり、写真データも欲しいですよね。

そこもお店選びのポイントになると思います。

舞妓・花魁体験の心得

京都 舞妓 花魁 独女

着たい着物の色の候補を考えて置く

並ぶ綺麗なたくさんの着物たち。

テンションがあがること間違いありません。

ですが、残念ながら色々と試着する時間がない場合がほとんどです。

事前に着たい色やイメージ(可愛い系、きれい系)など具体的に考えておくと、衣装選びがスムーズです。

事前に撮りたいイメージをある程度固めておく

たくさんのサイトを見ていると目も肥えてくるので、「こんな風に私も撮ってみたい!」というイメージが出てくると思います。

撮影時間は思っているよりも短いです。

カメラマンさんにポーズを指示される場合もありますが、やりたいポーズははっきり伝えましょう。

やりたいことは遠慮しない

お店の方に遠慮せず、撮りたいポーズ、使いたい小物などははっきり伝えた方がいいです。

どうせなら見た目も心も満足する写真を撮りましょう。

私も「煙管持ったポーズは絶対に撮りたいです」「はだける限界まで背中、露出させてください」など言いたいことははっきり伝え、満足のいく写真が撮れました。

まとめ

これから舞妓さん・花魁変身体験をしたいという方の参考になれば、とても嬉しく思います。

いろいろなお店のサイトを見るのも楽しいものです。

たくさん見て、じっくり悩んで最高の1枚を撮ってくださいね。

私もまた撮りたくなってきました。

コメント