スポンサードリンク

初めての御朱印巡り!何から始めればいい?元・巫女がご指南します!

御朱印 初めて 初心者 御朱印巡り

最近、若い女性の間で流行っている御朱印巡り。

始めてみようかな、というあなた。御朱印の世界へようこそ。

でも初心者だし何からすればいいのかわからない、初めての御朱印って何を用意したらいいの?

そんな声が聞こえてきそうです。

でも大丈夫、基本的なマナーさえおさえれば、初心者でも気軽に御朱印巡りを始められます。

元・巫女として神様にお仕えした私が、

  • 御朱印の拝受の仕方
  • 寺社の参拝マナー
  • 御朱印巡りのアイテム

などあなたの初めての御朱印巡りを徹底的にサポートします!

最後まで読んで頂けば、きっと御朱印巡りを早く始めたくなることでしょう。

神様はあなたとお会いできるのを楽しみ待っていらっしゃいますよ。

スポンサーリンク

そもそも御朱印ってなに?

御朱印 初めて 初心者

御朱印巡りを始める前に、御朱印ってそもそも何なのかご存じですか?

実は御朱印はお寺が発祥なんです。

自分で書いたお経を収めた印として授与されたものが御朱印の起源です。

それが江戸時代に神社にも伝わり、今では寺社ともに参拝の印として授与されています。

寺社ごとにそれぞれ特色があり、また季節によっては限定デザインの御朱印を授与していただけるので、現在ブームになっているのかなと思います。

ただし決してスタンプラリーではないことを頭に置いてくださいね。

御朱印はあなたと神様のご縁が結ばれた証ですので、参拝せず御朱印だけを貰いに行ったり、売買を目的にしてはいけません。

なんて偉そうなことを言ってますが、私が御朱印巡りを始めたきっかけは、たまたまネットで見かけた1枚の御朱印でした。

それは京都にある「圓徳院」という寺院の御朱印で、レインボーカラーのとてもカラフルなデザインに目を奪われ、その御朱印を頂きたいと思ったのが始まりでした。

御朱印 京都 圓徳院

京都「圓徳院」の御朱印

旅行好きでもあるので、さっそく京都旅行を計画し圓徳院を参拝。

念願の御朱印を頂いて参りました。

ちなみに、御朱印と一緒に映っている袋に入った丸いものは落雁で、「食べられる御朱印」と言われていて、とても珍しいものです。※決して落雁が目当てではないですよ(笑)

そんな訳で私の御朱印巡りのきっかけはコレクション目的でしたが、今は御朱印の意味をきちんと理解し、厳かな気持ちで御朱印巡りをしています。

とは言えきっかけなんて、御朱印が「カワイイ」、「かっこいい」、「お部屋のインテリに合いそう」とかでもOKだと私は思います。

でも参拝して頂いたら終わりではなく、ずっと大切にすることを絶対に忘れてはいけませんよ。

スポンサーリンク

始めに確認したい!神社の基本的な参拝方法

御朱印 初めて 初心者

神社に初めて参拝する、という方は少なくないないかもしれません。

でも正しい参拝方法をご存じでしたか?

はじめにお話した通り、御朱印は「参拝の証」です。

なのでまずは神様に参拝しましょう。

御朱印をいただくのは、参拝の後ですよ。

御朱印だけ頂いて、参拝しないなんて言語道断です。

まずは正しい参拝方法を学習しましょう。

1.鳥居の前で一礼

鳥居は「神様の聖域」と「人間の居場所」をわける結界です。

つまり鳥居をくぐることにより、聖域内に足を踏み入れるということです。

まずは鳥居の前で一礼してご挨拶しましょう。

帽子を被っている場合はこのタイミングで脱ぎます。

2.参道を通って拝殿へ

参道は「神様の通り道」です。

真ん中は避けて隅の方を歩きましょう。

ただし、お祭りや初詣など多くの人が一度に参拝するときはこの限りではありません。

案内の方の指示に従って進んでください。

3.手水舎で手を清める

拝殿の近くには手水舎(ちょうずや)があります。

柄杓を手に取り水を汲んで、左手、右手の順に清め、最後に左手に水をためて口をすすぎます。

最後に柄杓を立てて柄の部分を清めてから、元の場所へ戻しましょう。

4.拝殿で拝礼する

一般的に神社での拝礼の仕方は「2拝2拍手1拝」です。

(地域や神社によって違いがあります。別途、作法がある場合はそれに従いましょう。)

拝礼の後にお賽銭を入れ、二回お辞儀をしてから、パンパンと2回手を打ちます。

それから参拝できた感謝の気持ちと願いごとをそっと祈ります。

最後にもう一度お辞儀をしてから拝殿を離れましょう。

ちなみに、「お願い事をするときは自分の名前を名乗る必要がある」という話を聞いたことありませんか?

これは各神社によって考え方が異なります。

私がお仕えしていた神社では、特に名乗る必要はないとされていました。

(地元の神様なので、私たちのことは既にご存じという考え方です。)

でも個人的に「初めてお参りする神社でいきなりお願い事だけするのもちょっと……と思うようになり、以降は「〇〇県〇〇市の〇〇(氏名)、〇年生まれ(干支)です」と加えるようになりました。

作法に従い参拝が済んだら、いざ御朱印をいただきに参りましょう!

スポンサーリンク

初めての御朱印!どこで、どうやっていただくの?

御朱印 初めて 初心者

御朱印はお守りなどを授与している「社務所」「授与所」でいただくことができます。

大きな神社の場合は「御朱印受付」と案内がでている場合もあります。

それでは、御朱印を頂くときの作法を見ていきましょう。

御朱印帳を準備

御朱印を頂くには、御朱印を書いてもらうための台紙を準備する必要があり、それは「御朱印帳」と呼ばれています。

御朱印帳についてはあとで詳しくご説明いたしますが、その御朱印帳を持って「社務所」や「授与所」へ向かいます。

御朱印を書いていただきたい御朱印帳のページを広げて、両手で神職の方にお渡しします。

ちなみに、当たり前ですが御朱印帳には観光地のスタンプなども押してはいけません。

寺社によっては御朱印以外のものが書いてあったり押してある御朱印帳には、御朱印を書いて貰えない場合もあります。

逆に御朱印帳以外のものに、御朱印をいただこうとするのも失礼にあたるのでNGです。

御朱印代を収める

御朱印を頂くには、御朱印代を収める必要があります。

ちなみに、御朱印代は「初穂料(はつほりょう)」や「納経料」と言ったります。

ほとんどの神社で御朱印代は明記されており、300~500円のところがほとんどです。

稀に「お気持ちで」と言われることがありますが、その場合はこの金額をお納めすれば問題ありません。

小銭を用意しておくとスムーズですよ。

静かに待つ

御朱印を書いていただいている間は静かに待ちましょう。

話しかけたりすのは絶対にダメです。

私が以前、巫女としてお努めした神社の御朱印担当者の方は、ちゃんと日々書道のお稽古もされていましたが、やはり毎回御朱印を書くのは緊張するとおっしゃっていました。

ちなみに、平成から令和へ改元になった際は、ついクセで「平成」と書かないよう、猛特訓されたという話を聞いたことがあります。

また、人気の寺社だと順番待ちになることがありますが、その際、神聖な場所にいるということを自覚し、自分の番が来るまで大声でのおしゃべりなどはご法度です。

 

書き終えた御朱印を返して頂くときは、会釈して両手で受け取りましょう。

これで初めての御朱印授与完了です!

神社から帰る際も、鳥居のところで「ありがとうございました」の気持ちをもって一礼しましょう。

御朱印帳について

御朱印 巡り 持ち物 

御朱印巡りを始めるには、まず御朱印を書いて頂く御朱印帳が必須です。

御朱印帳とはその名の通り、御朱印を授与していただく専用の帳面です。

御朱印帳の中には蛇腹状になった和紙が綴じられていて、そこに御朱印を授与して頂きます。

ここでは、御朱印帳の入手方法、御朱印帳の使い方、オリジナル御朱印帳などについてご紹介していきます。

御朱印帳の入手方法

御朱印帳は、参拝先の寺社、文具店・インターネットショップなどで購入することができます。

寺社やお店にもよりますが、だいたい1500円程度~で購入できることが多いです。

それぞれの特徴についてご紹介します。

寺社で授与いただく

かつて御朱印帳は、寺社で授与していただくのがスタンダードでした。
※小さい寺社では取り扱いがない場合もあります。

かくいう私も最初の御朱印帳は、初めて御朱印を頂いた寺社で揃えました。

その後も帳面が切れるタイミングがご縁と思い、使い切った寺社で授与していただいていました。

ただ最近は、○○神社と表紙に入ったものを他の寺社でお渡しするのが気まずくなり、寺社名が記載されていないものを選ぶようにしています。

(もちろん失礼にはあたりません。私の気持ちの問題です。)

文房具店・通販で購入する

最近は、大きな文房具店や雑貨屋さんでも御朱印帳を見かけることも多くなりました。

寺社でに置かれている御朱印帳に比べると、カラフルでおしゃれなものが多い印象です。

商品の入れ替わりも早いので、これは!と気になる御朱印帳をお店で見かけたらすぐに買うことをお勧めします。

また御朱印帳はインターネットでも購入することができます。

ネット上には、御朱印帳専門店もあり個性的だったり、可愛い御朱印帳がたくさんあって、見ているだけでも楽しいです。

ただしご存じの通りネットの場合は、直接御朱印帳を手に取ってみることができません。

御朱印帳はサイズや紙質が御朱印帳によって変わりますので、ネットではそのあたりが確認しづらいのでご注意ください。

ちなみに私自身、最初の御朱印帳は初めて御朱印を頂いたときに、その場で授与して頂きました。

最近はネットで購入することが多く、真っ新な御朱印帳が部屋の本棚で2冊待機しています。

下の画像の御朱印帳は私のお気に入りの1冊で、壁画絵師の木村英輝さんデザインの御朱印帳です。

こちらもネット通販で購入しました。

有名デザイナーとコラボした御朱印帳や期間限定のものなど、最近は御朱印ブームのせいもあり様々な種類の御朱印帳が登場しています。

ぜひ、お気に入りの御朱印を見つけてみてください。

ただし、くれぐれも御朱印巡りの本来の意味をないがしろにして御朱印帳コレクターにならないようにしましょう。

御朱印巡り 御朱印帳

木村英輝デザイン 向い干支御朱印帳

スポンサーリンク

御朱印帳の取り扱い

御朱印 御朱印帳 購入

御朱印巡り初心者の方が気になる、御朱印帳にまつわるちょっとした疑問についてお答えします!

御朱印帳は両面使ってもいいの?

 

最初の方で、御朱印帳は蛇腹状になった和紙が綴じられているとご説明しました。

つまり、台紙の両面が使えるような状態になっています。

そうなると、片面だけ、それとも両面とも御朱印を書いて貰ってもいいのか気になりますよね。

結論から申し上げますと、御朱印帳は片面だけでも両面使っても、どちらでもOKです!

裏を使ったからと言って失礼になることはないので、ご安心を。

ちなみに私は片面派です。

御朱印 御朱印帳 使い方

理由はたまにたっぷりの墨で書いてくださる寺社があるので、裏面に点々と裏移りしてしまうことがあるからです。

片面使い、両面使いそれぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

☆片面使いのメリット☆

墨の裏移りを気にしなくていい

★片面使いのデメリット★

御朱印帳をすぐに使い切ってしまう

☆両面使いのメリット☆

一冊の御朱印帳でたくさんの寺社の御朱印をいただくことができる

★両面使いのデメリット★

 万一裏移りしてしまうと、後ろの御朱印に移ってしまう

ちなみに最近の市販の御朱印帳は両面使いを前提とした紙を使用していることが多いので、以前よりは裏移りすることが少ないようです。

また裏は書き置きの御朱印を貼る用にすれば、裏移りの心配はありません。

お好みで使ってみてください。

神社とお寺では御朱印帳を分けるべき?

御朱印は、神社とお寺でそれぞれで授与いただけますが、それぞれの場所で御朱印帳を使い分けた方がいいのか気になる方もいるかと思います。

ズバリ、神社とお寺で御朱印帳は分けなくても大丈夫です。

とくに分ける取り決めや慣習はないようです。

稀に「寺社の御朱印が混ざった御朱印帳を出すと授与を断られることがある」と聞いたことがありますが、10年近く御朱印巡りをしていますが、断られたことは一度もありません。

私の場合は、時系列で御朱印を見返したい派なので、御朱印を頂く際は特に御朱印帳を使い分けていません。

元々は分けていましたが、旅行の際に荷物が増えるのが気になるようになり、いつからか使い分けるのをやめました。

ただ、神社とお寺の御朱印を分けることのメリットもあると思います。

これは完全に私見になりますが、長年御朱印巡りをしてきて私なりに神社とお寺の御朱印それぞれに特徴があると感じています。

それは

  • 神社の御朱印:楷書で書かれたもの、シンプルなものが多い
  • お寺の御朱印:一見して読みにくい、アーティスティックなものが多い

といった特徴があると感じています。

なので、神社とお寺で分けた方がそれぞれの御朱印帳を見返した時に、統一感があって面白いかもしれません。

また地域や限定ものの御朱印など、自分なりのテーマを決めて御朱印帳を分けるのもおすすめです。

御朱印帳に名前は書くべき?

御朱印帳に名前を記載するかどうか気になる方もいるかもしれませんが、その件ついて決まりはないようです。

ここからは私の見解になりますが、私は書くべきだと思いますし、実際に書いています。

と言うのも、万が一落としてしまったり、観光地・初詣などの大混雑時には御朱印帳の取り間違いが起こらないとも限りません。

そんなときのために自分のものとわかるように、名前を書くようにしています。

ちなみに私はフルネームに加えて、ツイッターのIDも書いてあります。

これは落としてしまったときの連絡用です。

と言っても、住所や電話番号を書くのはこのご時世怖いので、ツイッターのIDに留めています。

御朱印帳はどうやって保管したらいい?

御朱印 御朱印帳 使い方

御朱印帳のベストの保管方法は、仏壇や神棚に置いておくことです。

とは言っても、今はご自宅に仏壇や神棚のないお宅も多いと思います。

ちなみにわが家にもありません。

そういう場合は本棚などで保存でOKです。

できれば目線より高い位置に置ければベストです。

もしくは100均などで収納ボックスを用意して、御朱印保存専用箱を作るのもいいですね。

御朱印は神様や仏様の分身です。

決していただいて終わりではなく、大切に扱う姿勢が一番大切であると、巫女経験のある私は考えています。

保存方法そのものよりも、いただいた御朱印を大事にする気持ちを忘れないでくださいね。

スポンサーリンク

御朱印巡りの必須アイテム

御朱印 巡り 持ち物 

御朱印巡りをこれから始めようとする方に、参拝のマナー、御朱印の頂き方、御朱印帳のいろはについてご紹介してきましたが、長く御朱印巡りをしてきた私から、必須アイテムやあると便利なアイテムをご紹介します。

御朱印巡りももちろん楽しいのですが、必要なアイテムを揃えるのもまた楽しいんですよ。

御朱印帳入れ

御朱印帳は蛇腹状になっているので、バッグにそのままいれるとぐちゃぐちゃになってしまう可能性があります。

それらを避けるために御朱印帳入れを用意しましょう。

御朱印帳入れは、主にポーチや巾着のものが多く作られています。

御朱印帳の柄と合わせると可愛いですね。

私は京都で見つけた巾着がちょうどいいサイズだったので愛用しています。

御朱印帳留め

どうしても、バッグの中でバラバラと広がりがちな御朱印帳。

ただ毎回御朱印帳入れに入れるのは面倒、そんな方にはゴム製の御朱印帳留めがおすすめです。

御朱印帳の柄と合わせてコーディネートするのも楽しいですね。

サイズが合えばお気に入りの文庫用の本止めでも大丈夫ですよ。

私は、紺色系の御朱印帳には赤色の御朱印帳留めをつけるよう統一しています。

どうですか?ステキでしょ!

念珠

お寺にお参りする際に、ぜひ持参したいのがマイ念珠です。

と言っても、法事のときに使うようなものではなくて、持ち歩き用のサイズのものがあるんですよ。

この念珠はブレスレットくらいの大きさです。

御朱印 巡り 持ち物 

マイ念珠

実はこれ、自分で作った念珠なんです。

このマイ念珠は、東京の代官山にある「寺カフェ代官山」の念珠作り体験で作ったものです。

ご指導はもちろんお坊様。

心を無にしてひたすら糸に珠を通します。

最後に珠を結ぶところは不器用な私には、ちょっと難しかったです。

ここでは、この念珠を使って正しいお参りの仕方も教えて下さいます。

個人的にとってもお勧めの体験です。

小銭入れ

御朱印 巡り 持ち物 

御朱印はだいたい300円で授与いただける場合が多いです。

ただ、たまに300円以上のお気持ちという表記をされている寺社があります。

その場合、小銭がなくて1000円札を渡し「じゃあ300円のお納めでおつりを……」という、やりとり、ちょっと気まずいですよね。

御朱印を売買しているみたいな感じがしてしまって……。
※もちろん、おつりをいただくことは、失礼には当たらないのでご安心を!

そんなときのために、専用の小銭入れに100円玉を多めに用意しておくと安心です。

ミニファイル

期間限定の凝った御朱印の場合は、直接御朱印帳に書いていただくのではなく、書き置きのものをいただくパターンもあります。

最近は新型ウイルスの影響もあり、ほとんどの寺社が書き置きの御朱印のみの授与となっています。

その場合、御朱印帳に挟んでおくのもいいのですが、風で飛んでいったり、中で折れてしまうこともあります。

そんなとき、御朱印帳サイズのファイルがあれば安心です。

御朱印帳と一緒にぜひ持ち歩いていただきたいアイテムです。

文房具屋さんでお気に入りを探すのもいいですね。

ちなみにこれは東京日枝(ひえ)神社の授与品です。

おさるさんのイラストがとってもかわいくてお気に入りです。

御朱印 巡り 持ち物 

しおり

寺社が混雑する時期や大きなお寺社を参拝したときに、しおりを使用するととても便利です。

書いていただきたいページを開くのに手間取ると、後の方にもご迷惑になりますよね。

私は慌ててしまい、御朱印帳をバラバラ~っと広げてしまった経験があります……。

以降そんなことが無いように、ぱっとすぐに開けるよう、しおりを使っています。

スムーズに御朱印を授与して頂くために、しおりのご使用をおすすめします。

ちなみに下のものは、東京の芝大神宮で授与いただいたしおりですが、特に御朱印専用のものとかはないので、お気に入りのしおりでOKです。

御朱印 巡り 持ち物 

芝大神宮のしおり

まとめ

いかがでしたか?

御朱印巡りを始めたばかり、または始めようとしているあなたのちょっとした疑問のヒントになれば嬉しいです。

神社にはたくさんの作法が存在しますが、一番大切なのは「あなたの神様を敬う気持ち」です。

日本には八百万の神様がいらっしゃいます。

神様たちはそんなに心が狭くありません。

大きな気持ちで私たちを見守って下さいます。

細かい作法に気をとられるより、「神様が見守っていてくださることに感謝する気持ち」の方がずっと大切です。

神様を敬う心を忘れずに、御朱印巡りを楽しんでくださいね。

また「御朱印巡りにこんなに必要なものがあるの?」と思われたでしょうか?

基本的には御朱印帳さえあれば大丈夫なのでご安心くださいね。

でもきっと御朱印巡りをしていくうちに、いろいろと揃えたくなってきますよ。

繰り返しになりますが、御朱印がただのスタンプラリーではなく、神様や仏様の分身を授与いただくものです。

授与頂いた御朱印は大切な宝物として扱ってくださいね。

以上、元巫女からの御朱印巡りのススメでした。

コメント