チャーハン

チャーハンは冷蔵庫で保存したら日持ちは何日?冷蔵庫は危険?冷凍・常温保存の賞味期限は?

チャーハンは冷蔵庫で保存した場合の日持ちは、1~2日ほどです。チャーハンはセレウス菌による食中毒の危険があるため、常温保存は避け、必ず冷蔵か冷凍で保存しましょう。冷凍の場合の日持ちは、1ヶ月程度です。
保冷剤

保冷剤の持ち時間の目安はどれくらい?弁当やケーキへの入れ方は?

保冷剤を再活用して、お弁当やケーキを持ち運ぶ際に使うことも多いかと思います。保冷材の持ち時間の目安は、30分~1時間です。お弁当に入れる場合は、1~3個を弁当箱の上に置くことがポイントです。ケーキへ入れる場合は、箱の上と横にテープでしっかり固定して入れましょう。
ステーキ

冷凍サイコロステーキと成型肉のサイコロステーキのうまい焼き方!

冷凍サイコロステーキを美味しく焼くコツは、肉を常温に解凍してから焼く、焼く直前に下味をつける、フライパンをしっかり温めておくことです。成型肉サイコロステーキを美味しく焼くコツは、油なしで焼く、中までしっかりと加熱することです。他にもサイコロステーキのアレンジレシピや成型肉は体に悪いのかについてもご説明します。
ブロッコリー

冷凍ブロッコリーのお弁当への入れ方!そのまま入れて自然解凍でいいの?

冷凍ブロッコリーをお弁当に入れるときは、そのまま使えるタイプや加熱してから使うタイプか確認し、そのまま使えるタイプは解凍してから、加熱してから使うタイプは必ず加熱してから使えば、お弁当がびちゃびちゃになることはありません。そのまま使えるタイプでも、冷凍のまま自然解凍で入れてしまうと、余分な水分が出てしまい、お弁当のご飯や他のおかずはびちゃびちゃになってしまいます。
カレー

冷凍したカレーの解凍方法は?解凍後の賞味期限やレンジで解凍するときの注意点も紹介!

冷凍したカレーの解凍方法は、ジップロックで保存した場合は湯せん、タッパーで保存した場合は鍋に移して、火にかけて温めるのがおすすめです。解凍後の賞味期限はできれば当日、遅くても翌日までです。またレンジで解凍する場合には解凍ムラに気をつけましょう。
いちご

お弁当にいちごを持って行くときの詰め方は?冷凍いちごの入れ方は?へたは取った方がいい?

お弁当にいちごを詰めて持って行くときは、しっかりと水洗いをして、傷まないようによく水分を拭き取ることが大事です。また冷凍いちごのを詰めるときは、そのまま普通にお弁当箱に入れてしまって大丈夫です。いちごのヘタはお弁当に詰めるときは取っておきましょう。
おひつ

おひつの黒ずみとカビの違いや取り方、原因や手入れの方法も紹介!

おひつに生えてきた黒ずみは、木に含まれるタンニンとご飯のデンプンが反応したものなので特に害はありません。カビの場合は、食中毒などの原因になることもあるので、カビが発生しないようにしっかりと洗った後はしっかり感想させる必要があります。また、黒ずみは、レモン汁やお酢で拭くと取ることができます。
おひつ

ご飯はおひつで夏場に何日くらい日持ちする?おひつの上手な使い方は?

ご飯は夏場だと、おひつでだいたい半日くらいの日持ちになります。おひつは初めて使用するときは「アク抜き」をすると、よりおいしくご飯をいただけるようになります。今回はおひつ入れたご飯の日持ちや、上手な使い方、そしておひつに入れるとご飯が美味しくなる理由についてご紹介します。
豚汁

豚汁の作り置きは何日くらい日持ちする?長持ちさせる保存方法は?

豚汁の日持ちの目安としては、冷蔵保存ならおよそ3日、冷凍なら2週間から4週間、常温保存は1日程度ですが夏場は半日ほどとなっています。少しでも長持ちさせるなら、急速で冷やし鍋ごと冷蔵庫に入れてしまいましょう。それでは、豚汁の日持ちや保存方法について詳しくご紹介します。
角煮

圧力鍋で作る角煮がパサパサになる!原因や復活レシピが知りたい!

豚の角煮がパサパサになってしまったことはありませんか?角煮がパサパサになってしまうのには、調味料を入れるタイミングが関係しています。肉に火が通る前に調味料を入れてしまうと肉が固くなってしまいます。パサパサになってしまった角煮は、チャーハンの具にするなど他の料理に活用することで復活レシピになります。