スポンサードリンク

【独女満喫】ソロ活女子のすすめ!女子が一人でエンタメを楽しむ方法!

ソロ活 エンタメ 独女 エンターテイメント

コロナ禍の中、友人と出かける機会もすっかり減少してしまいましたね。

早期の収束を願うばかりですが、心の健康を保つためにも、ひとりお出かけ・ソロ活をしてみませんか?

家の中に閉じこもりきりだと、心が元気をなくしてしまいます。

感染対策をばっちり施した上で、ちょっとだけ「心の栄養補給」に出かけてみましょう!

独女満喫中の私が、女子が一人でも楽しめるエンターテイメントをご紹介します。

スポンサーリンク

映画

ソロ活 エンタメ 独女

まずは気軽に行けそうなものからご紹介しましょう。

映画です。

気になる映画があっても、友達と予定を合わせようとしているうちに、なかなか合わずいつの間にか公開が終了していた、なんて経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それはあまりにももったいない!

最近はテレビで再放送されたり、DVDが販売されるのもだいぶ早くなりましたが、やっぱり映画館の大スクリーンで見るのとは迫力が違います!

ひとり映画を気兼ねなく楽しむコツ

ひとりで映画館に行くのはちょっと……という方へ、少しでも行きやすくなるコツをまとめてみます。

公開開始時期には行かない

公開開始すぐはみんな観たいもの。

映画館も混雑しがちです。

公開が始まってから少し経って落ち着いた頃が、客足も落ち着くのでおすすめです。

列の一番端の席をとり、上映開始直前に座る

上映開始までの時間がひとりだと気まずい、という方もいらっしゃるかもしれません。

その場合は、座りやすい列の端の席をとり開始直前に座れば問題解決です。

朝イチ、夜遅い上映時間で観る

お客さんの少なめの時間帯で観るのもおすすめです。

映画館によっては、レイトショー割引もあるので一石二鳥!

 

それにしても、映画館のフードってなんでこんなに魅力的なんでしょうか……。

ソロ活 エンタメ 独女

2021年3月撮影

スポンサーリンク

博物館・美術館

ソロ活 エンタメ 独女

2021年3月撮影

博物館・美術館もソロ活向けのスポットです。

館内はおしゃべり厳禁なところもありますから、一人で行くにはうってつけですね。

鉄女でもある私は、よく鉄道系の博物館を訪れます。

先日は葛西にある地下鉄博物館に行ってきました。

ソロ活 エンタメ 独女

2021年3月撮影

なかなか普段見ることのできない地下鉄の下。

ひとりならじっくりと鑑賞することも可能です!

同じ博物館に興味があっても、見たいものは違う場合は同行者がいると回るペース配分とか気をつかいますよね。

ひとりなら、自分の好きな展示をじっくり見れることも最大のメリットです!

ソロ活 エンタメ 独女

2021年3月撮影

地下鉄の運転も体験!

こういうチャンスは恥ずかしがっては損です。

体験物がある博物館では、ぜひ体験していただきたいです!!

とてもリアルで貴重な体験ができました。

博物館・美術館もできれば人が少ない平日や午前早い時間、閉館に近い時間だと週末よりゆっくり回れるので、おすすめです。

スポンサーリンク

演劇

ソロ活 エンタメ 独女

映画に比べて、ちょっとハードルがあがるのが演劇鑑賞。

でもチケットさえ取れば、もう行くしかありません。

席について舞台の幕があがれば、もうあなたと舞台は1対1。

他のひとなんて目に入らないでしょう。

舞台は生ものとよく言いますが、同じ舞台は二度とありません。

はっきり言って、他の観客なんて気にしてる場合じゃありません。

瞬きすら惜しいほどに、舞台を目に焼き付けましょう。

チケット情報は好きな俳優さんのツイッターや各チケットサイトに好きな俳優さんや演目を登録しておくと、関連する舞台情報が送られてくるメールサービスがおすすめです。

カラオケ

ソロ活 エンタメ 独女

最近、話題のひとりカラオケ。

グループでカラオケにいくと選曲にも気を遣いますが、ひとりならどんな歌でも歌い放題!

どんな古い曲でも、アニソンでも、同じ曲を何回入れてもOK!

大きな声で熱唱して、日ごろのストレスを吹き飛ばしましょう!

最近のカラオケは食事も充実しているので、疲れたらお食事やデザートを食べつつ休憩もいいですね。

また最近は在宅勤務の方も多いと思いますが、隠れた穴場がカラオケ。

好きな曲をBGMに大きなデスクで仕事をするのもありです。

ソロ活 エンタメ 独女

2021年2月撮影

スポンサーリンク

猫カフェ

ソロ活 エンタメ 独女

私は猫大好きなのですが、家の都合で飼えず……。

猫が足りない!モフモフしたい!というときは猫カフェに駆け込みます。

猫カフェって雑居ビルの中にあったり、入りにくいイメージがあるかもしれませんが、いざ入ってみると料金も明確に提示されていて、初心者にも優しいですよ。

ひとりで来ている方も少なくありません。

ひたすら猫の写真を撮るひと、猫を撫でるひと、ゆっくり歩きまわって推し猫を探すひと、過ごし方は様々です。

入ってしまえば、きっと猫のとりこ。

他のお客さんのことなんて、気になりませんよ。

ソロ活 エンタメ 独女

2019年8月撮影

スポンサーリンク

寺社巡り

ソロ活 エンタメ 独女

2021年2月撮影

お散歩がてらに寺社を巡るのもおすすめです。

古いお寺や神社って、落ち着きますよね。

都会の喧騒を離れて、神社やお寺の境内でのんびりするのもいいものです。

最近はカフェ併設の寺社も増えていますよ。

スーパー銭湯

ソロ活 エンタメ 独女

最近は「サ活」なるものが流行っているらしいです。

その「サ活」とはサウナのことです。

サウナでじっくり身体を温めたあと、冷たい水風呂へ。

それを2.3回繰り返すと、不思議と身体から力が抜けふわっとしたいい心地になります。

これこそサ活の醍醐味!

サウナ=おじさんというイメージがあったのは昔の話です。

水風呂が苦手な方は、無理のない程度のシャワーでも大丈夫です。

スーパー銭湯には、漫画や雑誌を置いてあるところも多いですし1日かけて楽しめますよ。

ひとり旅

ソロ活 エンタメ 独女

「ひとり旅」こそ究極のソロ活!と個人的に思っています。

行く場所も、交通手段も、見る場所、泊まる場所すべてが思いのまま。

宿だけとって後はフィーリング、街をぶらぶらするのも楽しいものです。

ソロ活で避けた方が良いもの

ソロ活 エンタメ 独女

私のこれまでの経験から、素人がいきなりおひとり様で始めるにはちょっと危険だと思うものをご紹介したいと思います。

これらは、はじめは慣れている人と一緒にいくなど、はじめは必ず誰かと一緒に行うことをおすすめします。

登山

関東近郊には「ハイヒールでも登れる山」とも言われる高尾山を始めとして、初心者向けの山が多くあります。

日帰りで出かけるのも難しくありません。

しかし、登山はベテランでさえ時には迷ったり、事故が起こるもの。

女性一人での登山はリスクが高すぎて、おすすめできません。

夏場は海にも出かけてみたいですよね。

砂浜で日光浴、波打ち際を歩くくらいなら大丈夫かと思います。

しかし、ひとりで海に行った場合、泳ぐのは避けたほうが良いかと思います。

夏は波の流れも速く、あっという間に遠くに流されてしまう事故が毎年発生しています。

誰かと一緒なら流されたことに気が付いてもらえる可能性もありますが、ひとりだとそうもいきません。

ソロでは絶対に行ってはいけないところのひとつです。

キャンプ

最近、流行りのキャンプ。

施設や設備が揃った、グランピングも人気がありますね。

都心のグランピングなら大丈夫かと思いますが、山の中でのキャンプは避けた方が無難です。

他のグループもいるし大丈夫!と思われるかもしれませんが、ひとりで行った女性が熊に襲われたなんてニュースもあります。

また最近は天気の急変により、川辺でのキャンプも安全とは言えません。

基本的にソロ活をするときは、大自然の中は避けましょう。

まとめ

始めはちょっと抵抗があるかもしれませんが、いざ足を踏み出してみればひとりでも楽しめることはたくさんあります。

必要なのはほんのちょっとの勇気だけ、意外に他のひとは「女性がひとりで……」なんて、こちらが思う程、気にしていないものですよ。

今回紹介したソロ活の他、別の記事でソロ花見ソロ食についてもこのブログでご紹介しています。

ひとり時間、思いっきり楽しみましょう!!

コメント